2020年 新春 初投稿


あけましておめでとうございます!

ながらく投稿が滞っておりましたが、

また気分一新で再開したいと思っております。

初投稿は、初日の出のお天道様からの光もしっかり受け止められる「天窓」の話題ですw

天窓を設ける選定する際、屋根勾配が緩いとこれまでメーカーに利用を止められることが多々ありました。(漏水の可能性が高くなるためですね)

特に、緩勾配と呼ばれる三寸勾配以下(約17°傾斜)の場合ですね。

昨年、新商品として日本ベルックス㈱会社さんからついにフラット屋根対応の天窓「FCMフィックスタイプ」が発売されました。

「FCMフィックスタイプ」 
※日本ベルックス株式会社HPより

驚きの対応勾配 0°~31°!(~6寸勾配まで) H28年省エネ基準1~7対応と断熱性能もしっかり備えているようです。

あと気になる保証などは、内部結露20年、ガラスシール・天窓本体からの雨水浸入10年とのこと。

製品利用には、屋根・天井との納まりなどしっかりと検討しておく必要はあると思いますが、屋根勾配による制約がはずれて天窓利用の可能性が広がったと言えるでしょう。

自然光の利用により省エネ対応方法の幅も広がります。気になる方は一度日本ベルックス株式会社さんのホームページをご覧ください。

にほんブログ村 住まいブログへ